九州本部は戦没者に祈りを捧げる

阿含宗は比較的新しいにも関わらず日本中に道場が存在している仏教の宗派です。阿含宗は信徒の数をどんどん増やしており、それぞれの地域においてさまざまな行事を行い知名度を上げています。阿含宗による教えにしたがいながら修行をしているのが特徴であり、その目標は世界平和を実現することです。そのための護摩法要を頻繁に行っており、地域の人達のための貢献にも力を入れています。

このような阿含宗は九州地方にも展開しています。九州地方にはたくさんの阿含宗の道場があり、それらのトップとして九州本部が存在しています。九州本部では地域の人達のためにいろいろな活動をしています。その一つとして、太平洋戦争の戦没者の供養のための護摩法要を行ったこともあります。先祖供養を重視しているのが阿含宗であり、戦没者の供養をすることが生者に幸福をもたらすと考えています。これからも九州本部ではこのような活動を重視するでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 旅行写真を撮り続けている浦壁伸周は、大きな魅力を持った人物です。もともと浦壁伸周は運送業で働くフリー…
  2. 腰痛が気になる、痛みにくい体づくりをしたいとお考えの方は朝霞市 腰痛の治療を得意とするYuruneで…
  3. 私、阿加井秀樹はアート作品に触れるのが大好きで、趣味の一つであります。好きな芸術作品に触れることで、…
ページ上部へ戻る