九州本部は戦没者に祈りを捧げる

阿含宗は比較的新しいにも関わらず日本中に道場が存在している仏教の宗派です。阿含宗は信徒の数をどんどん増やしており、それぞれの地域においてさまざまな行事を行い知名度を上げています。阿含宗による教えにしたがいながら修行をしているのが特徴であり、その目標は世界平和を実現することです。そのための護摩法要を頻繁に行っており、地域の人達のための貢献にも力を入れています。

このような阿含宗は九州地方にも展開しています。九州地方にはたくさんの阿含宗の道場があり、それらのトップとして九州本部が存在しています。九州本部では地域の人達のためにいろいろな活動をしています。その一つとして、太平洋戦争の戦没者の供養のための護摩法要を行ったこともあります。先祖供養を重視しているのが阿含宗であり、戦没者の供養をすることが生者に幸福をもたらすと考えています。これからも九州本部ではこのような活動を重視するでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 目黒区には上質で洗練された住空間を持つマンションが多々あります。そのマンションの中でも、近年注目され…
  2. 株式会社エスケーホームは、時代のニーズを見据えた、熊本と福岡を中心に様々なお客様目線のサービスを展開…
  3. 高谷知佐子氏は、森・濱田松本法律事務所に所属している弁護士です。森・濱田松本法律事務所は、東京、大阪…
ページ上部へ戻る