捨てる前に革製品 お直し

革製品を長い期間使用していると、経年劣化でどうしても角が擦れたり持手が劣化して伸びてしまったりなど、トラブルが発生してしまうものです。「気に入ってるけどこれ以上は使えない」と、捨ててしまうこともあります。しかし、捨てる前に革製品 お直しの「雨ザラシ工房」に相談してみてはいかがでしょうか。

こちらでは、この道18年以上の熟練の革製品の修理職人が作業をしており、カバンだけでもファスナーの交換から施錠・ホックなどの金属類の交換、持ち手ベルトの交換、カバンの内張りのほつれの縫い直しや交換。コーナーの補強や、カビ取り・色の染め替えなどができ、更には古いカバンを使用して違う形に作り直すリフォームまで行っています。

また、革製品 お直しを行っている「雨ザラシ工房」は、「新しいものには出せない」使い古されたアイテムが醸し出すもの淋しい雰囲気を、劣化ではなく使い込まれたからこその美しさであると考えて、お客様が革製品 お直しでお気に入りのアイテムと長くお付き合いできる用ように、お手伝いをしたいと願っている工房です。愛用の革製品を「雨ザラシ工房」に託してみてはいかがでしょうか。

雨ザラシ工房
http://amazarashi-repair.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 庭野仁司が運営する株式会社クォンタムジャンプコンサルティングはインターネットの風評被害・誹謗中傷対策…
  2. 昔の浮気調査というのは、現代に比べると実は簡単だったそうです。調査対象者の周りの人に聞き込みをしたり…
  3. 家の基本的な部分である屋根は普段目に見えない場所でもあります。気が付かないうちに劣化してしまっている…
ページ上部へ戻る